【乗換で5円有利+10万円受取って何?】

■ オプション活用編 乗換技その5
              〜FXオプション講座 第24回の2

 

 私は、FXオプションを組み合わせた売買で、2022年度既に400
 万円くらいの利益を出しています。

 

 そのやり方や考え方などを、ここで説明させて頂いております。

 

 FXオプションについての基本的な説明はこちらをご覧ください。

 

 参考記事:FXオプションとは
 https://han-rei.com/option/

 

 連載のバックナンバー
 https://han-rei.com/option/op_use/

 

 FXオプション⇒FXオプションの乗換技「プット売り⇒プット売り」
 の2回目です。

 

 

★ プット売りでよくある窮地

 

 

 プット売りの乗換をしたくなる状況は、よくおきます。

 

 まずはこちらの画像をご覧ください。

 

 画像は2022年8月17日・米ドル円134.102円時点のもので
 す。

 

 画像1のポジションを保有していたとしましょう。

 

 *画像1の内容

 

 ・米ドル円プット売り
 ・権利行使価格134.25円
 ・権利行使日8月24日
 ・保有数量 10万通貨
 ・ここで決済した時の支払金額:
  0.946×10万通貨=94,600円

 

 権利行使日まで1週間とはいえ、米ドル円が権利行使価格を割ってきて
 います。

 

 しかも、ここから更に下げるかもしれない。

 

 もしも下げていけば、プット売りポジションの損失が大きくなってしま
 う。

 

 ・・・といった状況です。

 

 ここで、目先の損失を防ぎたいという気持ちになったとしましょう。

 

 持っている権利行使価格を下げられればいいのになぁ・・・なんて誰も
 が思います。

 

 権利行使価格をもっと下げれば、プット売りポジションは損失を出しに
 くくなります。

 

 それを可能とするのが「乗換」です。

 

 例えば画像2をご覧ください。

 

 画像1と同日の権利行使日2023年2月1日のプットのプレミアム表
 です。

 

 薄赤色の権利行使価格128.50円でプット売りを仕掛けた場合、
 2.033のプレミアムを受取れます。

 

 10万通貨であれば203,300円受取です。

 

 これによって、権利行使価格は、134.25円から128.50円に
 下がりました。

 

 なので、ドル円がここから2〜3円下げても、それほど心配する必要は
 なくなりました。

 

 この乗換、やり方は簡単です。

 

 

★ プット売り⇒プット売りの手順

 

 

 乗換手順は。以下の流れです。

 

 1,保有中のプット売りポジション決済
   ⇒94,600円支払

 

 2,画像2のプット売りポジション新規作成
   ⇒203,300円受取

 

 これで完了です。

 

 説明するまでもないかもしれませんが、損益収支も計算しておきましょ
 う。

 

 ・1の売買: ー94,600円
 ・2の売買: 203,300円
 ・合計損益:203,300円ー94,600円=108,700円

 

 権利行使価格が5円以上下がって乗換による損益も10万円以上のプラ
 スとなりました。

 

 「権利行使価格が5円以上有利+10万円受取」

 

 ・・・ なんか、とってもお得な感じがするかもしれません。

 

 強吉  :\(◎o◎)/! 

 

 おいおいおい、なんか凄いお得なんじゃないの?

 

 キヨヒサ:(*^。^*)

 

 ああ、一見ね。

 

 でも、相当得な乗換事例ではある。

 

 特に今はボラテォイリティが高いままになっているので、プレミアムが
 高水準で推移しているから、こういう乗換は有利に出来る傾向があるね。

 

 でも、それなりにメリットデメリットがあるから、しっかり把握してお
 く必要がある。

 

 次回、その辺詳しく説明します。

関連ページ

【スワップポイント差変動情報 12月第1週】
【スワップポイント差変動情報 12月第1週】
止まった自動売買をどうするか?
止まった自動売買をどうするか?
全く同じ売買をして損益が違うのはなぜか?
全く同じ売買をして損益が違うのはなぜか?
【スワップポイント差変動情報11月第3週】相場生活入門第2719回
【スワップポイント差変動情報11月第3週】相場生活入門第2719回
【スワップポイント差情報2022年11月第1週】相場生活入門第2715回
【スワップポイント差情報2022年11月第1週】相場生活入門第2715回
【豪ドル円 一区切り】相場生活入門第2714回
【豪ドル円 一区切り】相場生活入門第2714回
スワップポイント差変動2022年10月第4週
スワップポイント差変動2022年10月第4週
スワップポイント変動情報10月第2週
スワップポイント変動情報10月第2週
豪ドル円 一旦決済 区切りいれる
豪ドル円 一旦決済 区切りいれる
+323,964円 配当落ちの恩恵で利益確保
+323,964円 配当落ちの恩恵で利益確保
試し玉 なんで使うの?
試し玉 なんで使うの?
【スワップポイント変動情報2022年9月第4週】
【スワップポイント変動情報2022年9月第4週】